プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の小沢氏の強制起訴にいたる報道に、違和感を覚えた方は
この本を読まれると大いに納得されると思う。
不自然極まりない小沢氏起訴と、作為的マスコミ報道の謎がすんなりと理解できる。
この問題は多くの若者が、今の日本に感じる『生きずらさ』に直結しているように思う。
私もその一人である。
そして『どうにかしてこの日本を変えたい』という気持ちにさしてくれる。
この気持ちを多くの人が持てば、やがてそれは大きな力になるだろう。
まずはこの本を手にとっていただきたい。
誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀

スポンサーサイト
今、指定弁護士が話されたような事実はありません。裁判長のお許しをいただき、ただいまの指定弁護士の主張に対し、私の主張を申し上げます。
 指定弁護士の主張は、検察の不当・違法な捜査で得られた供述調書を唯一の根拠にした検察審査会の誤った判断に基づくに過ぎず、この裁判は直ちに打ち切るべきです。百歩譲って裁判を続けるにしても私が罪に問われる理由はまったくありません。なぜなら、本件では間違った記載をした事実はなく、政治資金規正法の言う虚偽記載には当たりませんし、ましてや私が虚偽記載について共謀したことは断じてないからです。
 また本件の捜査段階における検察の対応は、主権者である国民から何の負託も受けていない一捜査機関が、特定の意図により国家権力を乱用し、議会制民主主義を踏みにじったという意味において、日本憲政史上の一大汚点として後世に残るものであります。以下にその理由を申し上げます。
そもそも政治資金規正法は、収支報告書に間違いがあったり、不適切な記載があった場合、みずから発見したものであれ、マスコミ、他党など第三者から指摘されたものであれ、その政治団体の会計責任者が総務省あるいは都道府県選管に自主申告して収支報告書を訂正することが大原則であります。
 贈収賄、脱税、横領など実質的犯罪を伴わないものについて、検察や警察が報告の間違いや不適切な記載を理由に捜査すると、議会制民主主義を担保する自由な政治活動を阻害する可能性があり、ひいては国民の主権を侵害するおそれがある。だからこそ政治資金規正法が制定されて以来、何百件、何千件と数え切れないほどの報告間違いや不適切な記載があっても実質的犯罪を伴わないものは検察の言う単純な虚偽記載も含めて例外なく、すべて収支報告書を訂正することで処理されてきました。
 陸山会の事件が立件されたあとも、今もそのような処理で済まされています。それにも関わらず唯一私と私の資金管理団体、政治団体、政党支部だけがおととし3月以来1年余りにわたり、実質的犯罪を犯したという証拠は何もないのに東京地検特捜部によって強制捜査を受けたのであります。
 もちろん、私は収賄、脱税、背任、横領などの実質的犯罪はまったく行っていません。なぜ私のケースだけが単純な虚偽記載の疑いで何の説明もなく、突然現行法の精神と原則を無視して強制捜査を受けなければならないのか。
 これではとうてい公正で厳正な法の執行とは言えません。
したがってこの事例においては、少なくとも実質的犯罪はないと判明した時点で捜査を終結すべきだったと思います。それなのに、おととし春の西松事件による強制捜査、昨年初めの陸山会事件による強制捜査など、延々と捜査を続けたのは、明らかに常軌を逸しています。この捜査はまさに検察という国家権力機関が政治家・小沢一郎個人を標的に行ったものとしか考えようがありません。
 私を政治的・社会的に抹殺するのが目的だったと推認できますが、明確な犯罪事実、その根拠が何もないにもかかわらず、特定の政治家を対象に強制捜査を行ったことは、明白な国家権力の乱用であり、民主主義国家、法治国家では到底許されない暴力行為であります。
オランダ人ジャーナリスト、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、近著「誰が小沢一郎を殺すのか?」で「小沢一郎に対する強力かつ長期的なキャラクター・アサシネーション、『人物破壊』は、政治的に類を見ない」と言っています。
「人物破壊」とは、その人物の評価を徹底的に破壊することで、表舞台から永久に抹殺する社会的暗殺であり、生命を奪う殺人以上に残虐な暴力だと思います。
それ以上に、本件で特に許せないのは、国民から何も負託されていない検察・法務官僚が土足で議会制民主主義を踏みにじり、それを破壊し、公然と国民の主権を冒とく、侵害したことであります。
 おととしの総選挙の直前に、証拠もないのに検察当局は捜査・逮捕権という国家権力を乱用して、私を狙って強制捜査を開始したのであります。
 衆議院総選挙は、国民がみずから主権を行使して、直接、政権を選択することのできる唯一の機会にほかなりません。とりわけ、2年前の総選挙は、各種世論調査でも戦後半世紀ぶりの本格的な政権交代が十分に予想された特別なものでありました。そのようなときに、総選挙の行方を左右しかねない権力の行使が許されるとするならば、日本はもはや民主主義国家とは言えません。
 議会制民主主義とは、主権者である国民に選ばれた代表者たる政治家が自由な意思により、その良心と良識に基づいて、国民の負託に応え、国民に奉仕する政治であります。国家権力介入を恐れて、常に官憲の鼻息をうかがわなければならない政治は、もはや民主主義ではありません。
 日本は戦前、行政官僚、軍部官僚検察・警察官僚が結託し、財界、マスコミを巻き込んで、国家権力を乱用し、政党政治を破壊しました。その結果は、無謀な戦争への突入と悲惨な敗戦という悲劇でした。昭和史の教訓を忘れて今のような権力の乱用を許すならば、日本は必ず同様の過ちを繰り返すに違いありません。
東日本大震災からの復興はいまだに本格化できず、東京電力福島第一原子力発電所の事故は安全な収束への目途すら立たず、加えて欧米の金融・財政危機による世界恐慌の恐れが目前に迫ってきている時に、これ以上政治の混迷が深まれば、国民の不安と不満が遠からず爆発して偏狭なナショナリズムやテロリズムが台頭し、社会の混乱は一層深まり、日本の将来は暗たんたるものになってしまいます。
 そうした悲劇を回避するためには、まず国家権力の乱用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、真の民主主義、議会制民主主義を確立する以外に方法はありません。まだ間に合う、私はそう思います。
 裁判長はじめ裁判官の皆様の見識あるご判断をお願い申し上げ私の陳述を終えます。ありがとうございました。

以上


『政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴された小沢一郎・民主党元代表(69)は東京地裁で6日開かれた初公判で、「罪に問われるいわれはなく、虚偽記入の事実はなく、(元秘書との)共謀の事実も断じてない」と述べ、全面的に無罪を主張した。検察官の違法な捜査で得られた供述調書に基づく起訴だとして「直ちに裁判を打ち切るべきだ」とも主張した。
小沢元代表は約10分間にわたり、用意した書面を読み上げて意見を陳述。検察の捜査について「明らかな国家権力の乱用で、法治国家では許されない暴力。政治家小沢一郎個人を標的に行われたと推認できる。議会制民主主義を破壊し、主権を冒涜(ぼうとく)するもので許されない」と強く批判した。』

小沢一郎氏ネット配信動画の裁判所糾弾が正論だ 植草一秀の『知られざる真実』ブログより引用
10月2日午後4時15分から、「ネットメデイアと主権在民を考える会」が主催する「小沢一郎VSフツ―の市民・第二回座談会」が実施され、小沢一郎氏が今回の不正判決について見解を示した。
 座談会の模様はAPF通信社によるUSTREAM動画配信などの形で公開中継され、保存動画を再生閲覧できる環境も提供されている。
 このなかで、小沢一郎氏は元秘書3人に対する有罪判決について、
「民主国家では考えられぬ」
と指摘し、東京地裁判決を厳しく批判した。小沢元代表の批判はまさに正鵠を射ている。日本の法曹が日本の民主主義を守る気概と意思を持つなら、一斉に東京地裁不当判決糾弾の狼煙をあげるべき局面であると思われるが、これまでのところ、目立った動きは観察されていない。
 小沢一郎氏は、秘書3人が裏金を受け取り、そのことを隠蔽するために収支報告書に虚偽の記載をしたと認定した東京地裁判決について、
「証拠もないのに裁判官が独断で推測に基づいて有罪を決めた。民主主義国家では考えられない」
と批判した。
久々に知人の紹介で“健康セミナー”に参加してきました
講師である先生のお話は非常に分かりやすく、参加者全員が楽しんで「健康」について再認識できたようです
「食は→血となり→肉となり(細胞)」=『食べ物で治せない病気は、医者も“お手上げ”』
「血は“小腸”からできる」
「人間は考える“管(くだ)”である」
「60日で“細胞”は入れかわる」
「長崎県に投下された“原爆”と福島県で起きた“原発事故”」
食生活では、
①冷やさないこと→冷やすと“ミトコンドリア”が元気でいれなくなる
②“発酵食品”(例=みそ・にごり酒)
③活性酸素除去→万病のもとは“活性酸素”
セミナーの中で紹介された書籍は
放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名

〈ゼロからのサイエンス〉よくわかる生化学

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

秋は「読書」「食欲」と言われますが…
ぜひ、ご一読を
絶対は“死”しかないから、原発保有するならばそのことも認める合意が必要でしょう
また、そのことを断念するのが、人間の叡智である。
よく言われる、「賢者は最悪を想定するもの」である
『空気・土壌・海水・河川(水)』から私達は生きている。
そのことを今、再認識することから“これからの時代”を築くことが重要と考えます。
決して、他国の言いなりではなく、
自立した“日本人”にするチャレンジをしようではありませんか

その日本を託すのは我々だと思います

『まだ、間に合います』

決して諦めずに生きようではありませんか

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。