プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金融庁のホームページに「外国為替証拠金取引について」(2008年12月13日更新)で掲載されていましたので御一読してみては注目
jumee☆signHPLhいわゆる外国為替証拠金取引について
注意すべきポイント下矢印
■外国為替証拠金取引は、金融商品取引法に基づく登録を受けた業者でなければ行うことができません。投資者の皆様におかれては、登録を受けていない者からの勧誘に十分ご注意ください。
■登録を受けた業者と取引を行う場合であっても、その業者の信用力を慎重に判断し、取引内容をよく理解することが重要です。
■外国為替証拠金取引は、少額で取引できる反面、差し入れた保証金以上の多額の損失が生ずるおそれのある非常にリスクの高い取引です。そのため、リスクを認識した上で、自らの責任で適切な投資判断を行うことが必要です。
Ⅰ 業者の登録について
金融商品取引法では、いわゆる外国為替証拠金取引を業として行う場合には、金融商品取引業の登録を受けることを義務付けています。
財務局等に登録が申請されると、これを受けた財務局等は、申請者が登録拒否事由に該当しない場合には登録を行います。
金融商品取引業の登録を受けた業者については、「免許・許可・登録を受けている業者一覧」でご確認いただけます。
Ⅱ 取引に対する注意
外国為替証拠金取引は、相当程度の専門知識が要求されるうえ、非常にリスクの高い取引であるため、取引の仕組みが理解できないときは、はっきりと断ることが大切です。
1. 業者に関する情報の入手
投資者の皆様におかれては、外国為替証拠金取引業者についての情報をできる限り収集し、信頼できる業者であるか否かを判断していただくことが重要です。
たとえ、登録を受けている業者であったとしても、信頼できるとの確信が持てない場合には、その業者との取引を控えたり、保証金を出金したりするなど、慎重な対応をお勧めします。
外国為替証拠金取引を取扱う業者は、業務及び財産の状況に関する事項を記載した説明書類を営業所に備え置くことが義務付けられています。情報の開示が適切に行われていない場合は、業者の安全性を確認できないことから十分な注意が必要です。
2. 取引内容の十分な理解
取引を行う場合は、取引の内容や取引に内在するリスクなどの説明を受け、また、ご自身でもよく確認し、十分理解するようにしてください。
どのようなリスクがあるのか、
実際に為替取引がどのように行われるか、
差し入れた保証金はどのように管理・保全されているのか、
などは必ず確認してください。
取引の仕組みが理解できないときは、はっきり断ることが大切です。また、説明内容の信頼性にも十分注意が必要です。
3. 信頼できる業者との取引の場合にも、取引には高いリスクがありますのでご注意下さい。
(1)相場変動リスク
外国為替証拠金取引は、外国為替相場や金利が自分の想定と逆の方向に動いた場合には、短期間のうちに差し入れた保証金以上の損失が発生する可能性があります。
また、取引を継続しようとする場合に追加の保証金を求められたり、決済時に保証金以上の損失が発生している場合には損失相当額を清算するために、差し入れた保証金以上の資金を求められたりする可能性があります。
(2)金利変動リスク
外国為替証拠金取引では、売り建てている通貨と買い建てている通貨の金利差調整額(スワップポイント)の受払いが日々発生します。スワップポイントはそれぞれの通貨の短期金利に応じて日々変動するため、金利の動向によっては、取引を始める際に期待していたようなスワップポイントを受けられない場合があります。
また、金利の動向により為替相場自体が大きく変動する場合があります。
(3)流動性リスク
外国為替証拠金取引では、マーケットの状況により、保有ポジションの決済や新たなポジションを買い建てる(又は売り建てる)ことが困難になることがあり、流動性の低い通貨の取引を行う際には希望する価格で取引ができないなどの不利益を被ることがあります。
(4)システムリスク
外国為替証拠金取引がインターネットなどのシステムを通じて行なわれる場合、システム障害により取引が遅れる又は取引ができないなどの支障が生じる場合があります。
(5)信用リスク
外国為替証拠金取引業者は、取引において業者自身に損失が発生する場合があり、業者が破綻に至った場合には、顧客に不利益が発生する可能性があります。
取引の内容は、取引が業者との相対取引の形態をとるもの、取引所へ注文を取次ぐ形態をとるものなど業者によってさまざまであり、提供されるサービスに係る約款などをよく理解して取引することが重要です。
Ⅲ 相談例
金融庁や全国の財務局には、外国為替証拠金取引に関して以下のような相談が寄せられています。
勧誘の要請をしていないにもかかわらず、電話や来訪で強引に勧誘された。
取引の内容を理解せず、また、十分な説明を受けないままに取引をしてしまった。
リスクの説明がなく、元本割れはしないと言われ契約したが、元本割れした。
外貨預金のようなもので必ず儲かると言われ取引してしまった。
注文をしていない取引を無断で行われた。
口座の解約を申し出たにもかかわらず応じてくれない。
取引を終了したが、お金が入金されない。
これらの相談例にある事項は、いずれも金融商品取引法に規定のある禁止行為に該当するものです。そのため、これらの行為が認められる業者とは取引を行わないなどの注意が必要です。
Ⅳ 取引のトラブルなどに関するご相談
外国為替証拠金取引などを取扱う金融商品取引業者の自主規制機関として社団法人金融先物取引業協会が設立されています。協会では、加入する業者との間で生じたトラブルに関するご相談に応じているほか、争いを解決する手段としてあっせん制度を設けています。
社団法人金融先物取引業協会
上記協会のほか、国民生活センターや住所地を管轄する消費生活センターにおいても相談を受け付けています。
国民生活センター
外国為替証拠金取引に対する一般的なご意見、ご質問、情報提供については金融庁に設置されている金融サービス利用者相談室でも受け付けています。
なお、相談室では個別のトラブルにつきましては、あっせん、仲介、調停を行うことはできませんので予めご了承下さい。
金融サービス利用者相談室

なんだか難しい内容ですが、チョッと勉強しておいたほうがいいですヨ絵文字名を入力してください照れ
スポンサーサイト
Q 「外貨預金」って、どんな商品ですか?
A 日本円を米ドルやユーロなどの外貨に交換して預金する商品です。
低金利の今は、円預金よりも高い金利が期待できるほか、最低預入金額が米ドル預金の場合で、1ドルから可能な銀行が多く、少額投資できます。
最近では外貨預金用口座のクレジットカードを発行する銀行もあり、決済機能も備えています。
金利収入とは別に、為替変動リスクを抱えているのが特徴です。
預入時より円安が進めば為替差益が発生する半面、円高だと為替差損が発生し、元本割れのリスクも出ます
円高局面で外貨預金を始める人が多いのは、将来的な円相場の反落を予想し、為替差益を狙う人が多いからです。

Q 手数料が高いと聞きましたが。
A 外貨預金では、円と外貨を交換する際に手数料(為替手数料)が発生します
米ドルの場合、1ドルあたりの為替手数料は大手銀行で1円(売り買いで2円)、ネット銀行なら10―25銭(同20―50銭)なのが一般的です。
例えば、金利3%の豪ドル預金に1万豪ドル預けたとします。
預入時に必要な金額は62万5000円なのに対し、1年後に解約すると、利息を上回る為替手数料が取られ、預入時より対豪ドルで円安が進んでいないと、元本割れします。
手数料額を確認の上、どこまで円安が進んだら利益が出るか、把握することが大切です。

Q 他に注意点は?
A 満期のある定期預金の場合、円安が進行し為替差益を得るために中途解約すると、利息が減額されるケースが多く注意が必要です。
また、外貨預金は預金保険の対象外ですので、銀行が破綻した場合、全額保護されるとは限りません。格付けなどで預入先を選ぶのがよいでしょう。
<日本経済新聞夕刊 2008年12月12日付>

<<松下幸之助一日一話>>(PHP研究所編)
【素直な心とは】
『素直な心とはどういう心であるのかといいますと、それは単に人にさからわず、従順であるというようなことだけではありません。むしろ本当の意味の素直さというものは、力強く、積極的な内容を持つものだと思います。つまり、素直な心とは、私心なくくもりのない心というか、一つのことにとらわれずに、物事をあるがままに見ようとする心といえるでしょう。そういう心からは、物事の実相をつかむ力も生まれてくるのではないかと思うのです。だから、素直な心というものは、真理をつかむ働きのある心だと思います。物事の真実を見きわめて、それに適応していく心だと思うのです。』

<<過去の出来事>>
・斉明天皇が百済救援のために難波を出帆(661年)
・近江令施行(671年)
・F・ルーズベルト大統領「4つの自由」演説(1941年)
・イギリスが中華人民共和国を承認(1950年)
・アメリカ軍が初のメコンデルタ上陸作戦開始(1967年)
・マラッカ海峡でタンカー祥和丸が座礁(1975年)
外為証拠金取引(FX)を外貨両替に使う例があると聞きました。
A FX業者に預けている円資金をその時の為替相場に応じて外貨に替え、利用者が銀行に持っている外貨預金口座に送金できます。為替差益や金利差収入を狙って取引する通常のFX取引とは性格が異なり、旅行や事業のために必要な外貨を手に入れる方法です。FX業者大手のひまわり証券によると、米証券大手リーマン・ブラザーズ経営破綻後に急激に進んだ円高を受けて、10月の円からドルへの両替額は348万ドルと、今年4月の約3倍となりました。

利点はなんですか?
A 両替手数料が安いことです。両替所や銀行窓口では通常、1ドルあたり1―3円程度の手数料がかかりますが、FXでの外貨両替なら数銭から数十銭程度で済みます。
また、多くの業者ではインターネット上で24時間いつでも取引でき、為替相場の動向をにらんで有利なタイミングで両替が可能です。両替できる通貨も多く、外貨同士の両替が可能なFX業者もあります。
通常のFX取引では最低通貨単位が設定されていますが、両替は1ドル単位で受け付ける業者が多いようです。

利用の際の留意点はありますか?
A 両替手数料だけでなく、FX業者によっては外貨預金口座への送金に手数料がかかります。外貨を引き出す際に銀行に支払う手数料が生じることにも注意が必要です。こちらも銀行ごとに異なります。利用前に確認したほうがよいでしょう。
また、外貨預金口座に振り込まれるまでに数営業日かかるのが一般的です。旅行などで外貨がいる場合には前もって申し込んでおく必要があります。
<日本経済新聞夕刊 2008年12月5日付>

<<松下幸之助一日一話>>(PHP研究所編)
【先見性を養う】
『先見性を持つことは指導者にとってきわめて大切なことだ。先見性を持てない人は指導者としての資格がないといってもいいほどである。時代というものは刻々と移り変わっていく。きのう是とされたことも、きょうは時代遅れだということも少なくない。だから、その時代の移りゆく方向を見きわめ、変わっていく姿を予見しつつ、それに対応する手を打っていくことによって、はじめて国家の安泰もあり、企業の発展もある。一つの事態に直面して、あわててそれに対する方策を考えるというようなことでは、物事は決してうまくいかない。心して先見性を養いたいものである。』

<<過去の出来事>>
・大友皇子が太政大臣となる(671年)
・日本で初めて占星台を置く(675年)
・ドイツ労働者党(のちのナチス)結成(1919年)
・グレース・ケリーがモナコ国王と婚約(1956年)
・ローマ教皇パウルス6世が東方教会総主教アテナゴラスと会談(1964年)
12/15のブログで「証拠金・差金決済」について掲載致しましたが、御理解頂けましたでしょうか!?
FX(外国為替証拠金取引)は、大きな特徴の一つとしてレバレッジ(=てこの原理)があります。
少ない資金で(取引証拠金)=2万円
大きな取引ができる=1万通貨(取引する通貨が米国ドルなら、1万ドルということ)
 注)FX業者によって異なります。 
二つ目は、「差金決済(値上がりした分の差額だけ受け取る。または、値下がりした分の差額だけ支払う決済)」。
証拠金とは、担保・保証金のようなもので担保割れしなければ取引は無期限で行えます。
FXを資金割合管理して取引することを下記の例でイメージできますでしょうかアイコン名を入力してください
例えば、USD/JPY(米国ドル/日本円)の為替レート(価格)が、現在1ドル90円とします。
100万円の資金をFX業者の口座へ預託します。
100万円の内、「取引証拠金=2万円」で1万ドルを買い注文をいれました。
1ドル=90円で1万ドルのポジションを持ったことになります。
この状態では、証拠金残高は98万円[預託金100万-取引証拠金2万]ですネ上々↑↑
<もし、50万円の現金が必要になったときは、証拠金残高の98万から50万円を引き出すことは可能です。そうしますと、証拠金残高が48万となるだけです。>
証拠金残高98万がなくなるには、98万円の含損になったときですが、
ドル円の差損益は「1円で1万円」ですので、98円下がったらということになります。
でも、1ドル90円で買ったのですから、ありえないですよねぇyeah
ということは、リスクが極めて低いとも言えます。
では、取引証拠金20万円で10万ドルを買った場合は、
証拠金残高は80万円[預託金100万-取引証拠金20万]となります。
証拠金残高80万円がゼロになるには、8円[=80(万円)÷10(万ドル)]
90-8=82円となったらということになります。
買うという注文は“上がって”利益ですHappy
<売りという注文は“下がって”利益です>
自分の思惑と逆に進んだときは、「取引通貨量」を減らす=“損切り”ことが重要となります絵文字名を入力してください
自分で「損切り」のルールをもてるかどうかがで、FX取引を継続できるかどうかということになります。
例えば、『100万円の全体の資金が5%含損になったらポジションを決済する』とか・・・
取引をするのは自分です。
自分でルールをつくりましょう花

<<松下幸之助一日一話>>(PHP研究所編)
【大義名分】
『古来名将と言われるような人は、合戦に当たっては必ず「この戦いは決して私的な意欲のためにやるのではない。世のため人のため、こういう大きな目的でやるのだ」というような大義名分を明らかにしたと言われる。いかに大軍を擁しても、正義なき戦いは人びとの支持を得られず、長きにわたる成果は得られないからであろう。これは決して戦の場合だけでない。事業の経営にしても、政治におけるもろもろの施策にしても、何をめざし、何のためにやるのかということをみずからはっきり持って、それを人びとに明らかにしていかなくてはならない。それが指導者としての大切な勤めだと思う。』

<<過去の出来事>>
・富士山の噴火(1032年)
・イギリスで『権利の章典』が成立(1689年)
・ボストン茶会事件(1777年)
・東京・横浜両市内および両市間で日本初の電話事業開始(1890年)
・東京山手線の電車が運転を開始(1909年)
・日本初の高層ビル火災で白木屋が全焼(1932年)
FX(外国為替証拠金取引)は、
少ない資金で、大きな取引ができる(レバレッジ=てこの原理)ことが大きな特徴です。
証拠金とは、担保・保証金のようなもので担保割れしなければ取引は無期限で行えます。絵文字名を入力してください

例えば、1ドル=100円の時
外貨預金は、1万ドルの預金をする場合 100円×1万ドル=100万円の現金が必要
FXは、2万円(取引証拠金)で1万ドルの取引が可能
(2万円で100万円の取引をしている状態=50倍のレバレッジ)
注:FX業者によって取引証拠金額は異なります。

ドルを100円で買って →100.01円で売る(決済)と100円の利益[=0.01×1万ドル]
           →100.10円で売る(決済)と1,000円の利益[=0.1×1万ドル]
           →101.00円で売る(決済)と10,000円の利益[=1.0×1万ドル]
外貨預金では、買値より1.0円上がると100万円が101万円となり1万円の含益[+1%]
FXでは、買値より1.0円上がると2万円が3万円となり1万円の含益[+50%]
逆に、買値より1.0円下がると
外貨預金では、100万円が99万円となり、1万円の含損[-1%]
FXでは、2万円が1万円となり、1万円の含益[-50%]
もし、この時点で決済すると取引証拠金2万円から1万円が引かれ1万円が残ります。
[「差金決済(値上がりした分の差額だけ受け取る。または、値下がりした分の差額だけ支払う決済」と言います。]

リスクを自分でコントロール(資金割合管理=マネーマネージメント)できることがわかれば、怖くありませんよねぇ~OK

<<松下幸之助一日一話>>(PHP研究所編)
【正しい競争を】
『私どもが会社を経営していくときに、同業会社と非常な競争になります。競争はしなければならない。しかしそれは正しい形においてなさなければなりません。卑怯な競争はしてはならない、まして相手を倒すとか、相手に損害を加えるというような競争の仕方であってはならない、というのが、事業をはじめて以来一貫した私の指導精神です。競争会社があってこそわれわれのはげみになるのだ、そういうように競争会社を発展的に見なければならないと考え、また社員の人にも言ってきました。われわれは実業人であると同時に、やはり紳士でなければならない、正しい商売を遂行していかなければならないと思うのです。』

<<過去の出来事>>
・蘇我蝦夷が法隆寺の金銅釈迦三尊像を建立する(628年)
・榎本武揚らが蝦夷地を占領し、五稜郭を本営とする(1868年)
・GHQが国家と神道の分離を指令(1945年)
・婦人参政権などを含む選挙法改正案が成立(1945年)
・アメリカで人類初の宇宙ランデブーに成功(1965年)
・初のレコード大賞。受賞曲には「黒い花びら」(水原弘)が決定(1959年)

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。