プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴された小沢一郎・民主党元代表(69)は東京地裁で6日開かれた初公判で、「罪に問われるいわれはなく、虚偽記入の事実はなく、(元秘書との)共謀の事実も断じてない」と述べ、全面的に無罪を主張した。検察官の違法な捜査で得られた供述調書に基づく起訴だとして「直ちに裁判を打ち切るべきだ」とも主張した。
小沢元代表は約10分間にわたり、用意した書面を読み上げて意見を陳述。検察の捜査について「明らかな国家権力の乱用で、法治国家では許されない暴力。政治家小沢一郎個人を標的に行われたと推認できる。議会制民主主義を破壊し、主権を冒涜(ぼうとく)するもので許されない」と強く批判した。』

小沢一郎氏ネット配信動画の裁判所糾弾が正論だ 植草一秀の『知られざる真実』ブログより引用
10月2日午後4時15分から、「ネットメデイアと主権在民を考える会」が主催する「小沢一郎VSフツ―の市民・第二回座談会」が実施され、小沢一郎氏が今回の不正判決について見解を示した。
 座談会の模様はAPF通信社によるUSTREAM動画配信などの形で公開中継され、保存動画を再生閲覧できる環境も提供されている。
 このなかで、小沢一郎氏は元秘書3人に対する有罪判決について、
「民主国家では考えられぬ」
と指摘し、東京地裁判決を厳しく批判した。小沢元代表の批判はまさに正鵠を射ている。日本の法曹が日本の民主主義を守る気概と意思を持つなら、一斉に東京地裁不当判決糾弾の狼煙をあげるべき局面であると思われるが、これまでのところ、目立った動きは観察されていない。
 小沢一郎氏は、秘書3人が裏金を受け取り、そのことを隠蔽するために収支報告書に虚偽の記載をしたと認定した東京地裁判決について、
「証拠もないのに裁判官が独断で推測に基づいて有罪を決めた。民主主義国家では考えられない」
と批判した。
スポンサーサイト
極めて有用なNHKスクープドキュメントのYOU TUBE映像を紹介くださった。正力松太郎が具体的にどのような行動をしたのか。米国がどのように日本の原子力政策をコントロールしてきたのかが、よく分かるプログラムである。福島原発事故に直面したいま、すべての日本国民がこのプログラムを視聴し、原子力政策を再検討しなければならない。

ぜひ、御覧頂き今後の日本再生に参考になればと考えます

「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その1)
 
「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その2)
 
「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その3)

※引用ブログ「ふじふじのフィルター」様

 関連ブログ「米の放射能人体実験 次々崩れた機密の壁」様



さる6月22日に開催された『月刊日本』主催特別講演会
「小泉竹中改革政策の破綻と日本政治構造の刷新」を演題として、
植草一秀の動画をください
YouTube - mahorobajapan さんのチャンネル

<<7月9日 - Wikipedia>>
『金融庁は生命保険会社と損害保険会社の資産運用制限を緩和する。
国内株式や外貨建て資産での運用をそれぞれ総資産の3割以内に抑えるといった規制を撤廃し、海外を含めた柔軟な運用を認める方針だ
併せて国外でのM&A(合併・買収)にかかわる規制もなくす。
国内の保険市場が頭打ちとなる中で、各社が運用や事業のグローバル化を迫られていることに対応する。
同庁は来年の通常国会に保険業法の改正案を提出する方針。
保険会社の資産は生保では計300兆円を超えており、運用制限の撤廃は市場にも影響を及ぼしそうだ。』
<外国債や株、生損保の運用上限撤廃(朝刊から) :日本経済新聞>

<<7月3日 (旧暦) - Wikipedia>>
『鳩山由紀夫首相は20日午前の参院本会議で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で小沢氏に「戦ってください」と発言したことについて「検察への圧力の意図もなく、(捜査への)影響は全くない」と表明した。
持論である憲法改正では「首相の立場は特に重い憲法尊重擁護義務が課せられる。在任中に考えるべきだとも思っていない」と慎重に対応する姿勢を示した。
首相は昨年12月の天皇陛下と中国の習近平国家副主席の特例会見に関して「日中関係を未来に発展させる友好親善の観点から大きな意味があるので、(天皇陛下に)政府として会っていただけないかと申し上げた。
天皇の政治利用との指摘はあたらない」と語った。
民主党が衆院選で掲げたマニフェスト(政権公約)実現のために「歳出・歳入両面を徹底的に見直し、必要な財源をできる限り確保したい」と強調。
「4年間は消費税率を上げない」と重ねて言明した。
沖縄県の普天間基地移設問題では「沖縄県民の気持ちを大事にしていくのが一番重要だ」と指摘した。』
<NIKKEI NET>

「変化が激しいというか、何かに影響されているのでは?と思う今日この頃デス絵文字名を入力してください
有権者は、昨年“民主党”を選びました。
昨年の“自民党”いや、それまでの長い時代の政権に“No”と答えを出したとも言えます。
新政権から半年もたたないのに、もう心変わりが出るって何なでしょう?
やはり、目につく・耳に入る情報なんでしょうねアップロードファイル
インターネットをみると様々な主張が確認できます注目
植草一秀の『知られざる真実』
神州の泉
カナダde日本語
高橋敏男のブログ-ウェブリブログ
わんわんらっぱー
Like a rolling bean (new) 出来事録
晴 天 と ら 日 和 - livedoor Blog(ブログ)
1月16日の民主党大会における鈴木宗男衆議院議員の演説を紹介 」
~独り言~

<<今日の雑学>>
【初の海外パックツアーの発売開始】
『前年の海外旅行自由化を受けて、1965年1月20日、日本航空が日本初の本格的海外パッケージ・ツアーとして「ジャルパック(JALPAK)」を発売、募集を始めた。
旅行業者が企画・主催するパック・ツアーは、人気のあるコースを設定し、費用・日程・宿泊先・最少催行人員などを明らかにしたうえで客を募るもの。
高度成長期とあいまってたちまち大人気となり、海外旅行の代名詞となるほどだった「ジャルパック」だが、海外でもツアー参加者のマナーの悪さから「ノーキョー(農協)」と並んで現地語化するほど有名になった。
ちなみに発売以来延べ213万人が利用した「ジャルパック」も、海外旅行に何度もでかけるリピーターが増え、利用者の希望にあわせた旅行に需要が増えた、91年1月に商品名を「I’LL(アイル)」に変更している。』

<<ドクターモルツのサイコ・サイバネティクス ダイレクト出版 » 反:勝間和代>>

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。