プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の小沢氏の強制起訴にいたる報道に、違和感を覚えた方は
この本を読まれると大いに納得されると思う。
不自然極まりない小沢氏起訴と、作為的マスコミ報道の謎がすんなりと理解できる。
この問題は多くの若者が、今の日本に感じる『生きずらさ』に直結しているように思う。
私もその一人である。
そして『どうにかしてこの日本を変えたい』という気持ちにさしてくれる。
この気持ちを多くの人が持てば、やがてそれは大きな力になるだろう。
まずはこの本を手にとっていただきたい。
誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀

スポンサーサイト
久々に知人の紹介で“健康セミナー”に参加してきました
講師である先生のお話は非常に分かりやすく、参加者全員が楽しんで「健康」について再認識できたようです
「食は→血となり→肉となり(細胞)」=『食べ物で治せない病気は、医者も“お手上げ”』
「血は“小腸”からできる」
「人間は考える“管(くだ)”である」
「60日で“細胞”は入れかわる」
「長崎県に投下された“原爆”と福島県で起きた“原発事故”」
食生活では、
①冷やさないこと→冷やすと“ミトコンドリア”が元気でいれなくなる
②“発酵食品”(例=みそ・にごり酒)
③活性酸素除去→万病のもとは“活性酸素”
セミナーの中で紹介された書籍は
放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名

〈ゼロからのサイエンス〉よくわかる生化学

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

秋は「読書」「食欲」と言われますが…
ぜひ、ご一読を
構成は以下の通りです
第Ⅰ部 6.2クーデターの真実
 第1章 信なくば立たず 
 第2章 対米隷属派による政権乗っ取り
 第3章 日本の支配者は誰か
 第4章 小泉竹中政治への回帰
第Ⅱ部 小泉竹中政治の大罪
 第5章 日本経済の破壊
 第6章 官僚利権の温存
 第7章 政治権力と大資本の癒着
 第8章 対米隷属政治
 第9章 権力の濫用と官邸独裁
 第10章 平成の黒い霧(1)新生銀行上場認可
 第11章 平成の黒い霧(2)りそな銀行の乗っ取り
 第12章 平成の黒い霧(4)郵政民営化・郵政私物化
 第13章 平成の黒い霧(5)「かんぽの宿」不正払い下げ未遂事件
 第14章 平成の黒い霧(6)日本振興銀行設立の闇
第Ⅲ部 この国のかたち
 第15章 大久保利通と官僚主権構造
 第16章 米国による日本支配構造の系譜
 第17章 対米隷属の父吉田茂
 第18章 CIAの対日工作
 第19章 カネによる政治の支配
第Ⅳ部 菅直人政権の「逆コース」
 第20章 政権交代に託された五つの課題
 第21章 財政再建原理主義・市場原理主義の毒
 第22章 「最小不幸社会」政策下の不幸放置
 第23章 「抑止力」という名のプロパガンダ。
 第24章 官僚意識を変革する秘策
第Ⅴ部 悪徳ペンタゴンと主権者国民の死闘
 第25章 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題研究
 第26章 前近代の警察・検察・裁判所制度
 第27章 菅直人と小沢一郎の全面戦争
 第28章 政界再編と日本のルネサンス
あとがき
※なかなかマスコミからは“真実”が得られませんので・・・
ぜひ御一読を

久しぶりの“推薦書籍”です
『小沢革命政権で日本を救え [単行本(ソフトカバー)] 副島 隆彦 (著), 佐藤 優 (著) 』



<<6月20日 (旧暦) - Wikipedia>>
過去の平成時代から未来に向けて一読を



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。