プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スズキのインドの乗用車生産能力が2012年にも、日本国内を超える見通しとなった。
年内に20億~40億円を投じて既存工場を効率化し、年産能力を従来の約100万台から120万台に高める。
新工場が12年に稼働すれば145万台体制となり、日本の約140万台を上回る。
内需が拡大する同国で最大手スズキは、強まる自動車各社の攻勢に対抗し、シェア約5割の維持を狙う。
スズキの印子会社の中西真三社長は取材に対し「6月と12月の点検期間に、塗装工程などを効率化し生産能力を120万台に引き上げる」と語った。
北部ハリヤナ州のグルガオン工場とマネサール工場の設備更新に2回にわたり10億~20億円を投じる。
このほか、170億ルピー(約330億円)を投資して3番目の工場となるマネサール第2工場を今年3月に着工。
12年春に稼働し年産25万台を見込む。
インドの乗用車市場全体は今後も年14%前後伸び、15年度には09年度(194万台)の2倍にあたる400万台に達すると見込まれている。
スズキは09年度にインドで前年度比33%増の102万台を生産。
小型車「アルト」などが好調で、国内販売は87万台強と21%増加した。』
<スズキの生産能力、インドが日本超す 12年に145万台 :日本経済新聞>

<<6月16日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト
『28日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落して始まった。
下げ幅は一時300円を超え、1万900円台前半で推移している。
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が27日、ギリシャとポルトガルの格下げを発表し、欧州諸国の信用不安で投資家がリスクを取りにくくなるとの見方から欧米株式相場が下落した。
外国為替市場での円高進行も重荷となり、東京市場では幅広い銘柄に売りが膨らんでいる。
円相場は対ドルで1ドル=93円ちょうど近辺に上昇、対ユーロでは1ユーロ=122円台まで買われた。
輸出採算の悪化に対する警戒感からソニーやキヤノン、京セラなど主力ハイテク株は大幅に下げている。
業種別東証株価指数(TOPIX)は電気機器などを中心に全33業種が下落している。
東証株価指数(TOPIX)も反落して始まった。
トヨタ、ホンダ、日産自に売りが先行。欧州向け輸出比率の高いマツダの下げがきつい。
ニコン、シチズンHD、テルモなど精密株も軒並み安い。
みずほFG、三菱UFJ、三井住友FG、野村、大和も下げている。
半面、独ダイムラーと自動車用炭素繊維を共同開発すると報じられた東レは高い。
ヤフーと業務提携して交流型のゲームサイトを開設すると発表したディーエヌエは大幅に上昇している。』
<日経平均、下げ幅一時300円超:日本経済新聞>

<<4月28日 - Wikipedia>>
塩野義製薬2010年1月にも点滴で投与する新しいインフルエンザ治療薬を国内で発売する
厚生労働省が1月に製造販売を承認する見通しが高まり、薬価(薬の公定価格)の決定を受けて今冬に最大50万人分の供給を目指す。
医療現場で、インフル治療薬に「タミフル」「リレンザ」に続く新たな選択肢が加わる
製品名は「ラピアクタ(一般名ペラミビル)」。
塩野義は海外から粉末状の医薬品原料を輸入し、国内の製薬会社に点滴剤への加工を委託。
医薬品卸を通じて医療機関に納める。今冬の売上高は数十億円の見通し。来秋冬には300万人分の供給を目指す。』
<NIKKEI NET>

jumee☆think212/22現在の株価(売買単位:100株)→1,949円/株・PER=2.21倍・PER=43.70倍・配当利回り=1.44%



5月12日All Aboutマネーセミナーにて「1分で出来る割安株の見つけ方」セミナーの要旨を参考下矢印
jumee☆signHPLh1分で出来る割安株の見つけ方[マネー]All About
内容は、
1.株式投資の極意
2.株式投資の売買
3.株式投資の本質
4.ファンダメンタルズ投資の考え方
5.株の価値
6.簡単!企業価値計算法
7.ケーススタディ(セミナーでの例から抜粋)
8.注意点
以上の構成です。個人的にわかりやすいと思いましたので御興味のある方は“御一読”を芽

<<松下幸之助一日一話>> (PHP研究所編)
【良品を世に送る努力】
『どんなによい製品をつくっても、それを世の人びとに知ってもらわなければ意味がありません。
つくった良品をより早く社会にお知らせし、人びとの生活に役立ててもらうという意味で、宣伝広告というものは、欠くべからざるものと言えるでしょう。
しかし、その一方で、そういった宣伝がなくても、良い評判を受け、大いに信用をかち得ている製品があります。
これは、良品はみずから声を放たず、これを求めた人びとによって広く社会に伝えられたということに他なりません。
そういう宣伝に頼る必要のない、ほんとうにすぐれた品質の製品を生み出し、世に送る努力を常に忘れてはならないと思うのです。』

<<過去の出来事>>
伊藤博文、ハルビンで暗殺される(1909年)
・ベトナム共和国成立(1955年)
・東海研究所で日本初の原子力発電成功(1963年)
・金沢の兼六園と京都の浄瑠璃寺庭園が特別名勝の指定うける(1964年)
・JR東日本が上場(1993年)
『』株式投資の基礎知識からはじめ方、証券会社の選び方、投資スタイル、銘柄の選び方、売買テクニック、チャートの見方、株主優待など初心者が必要な情報を網羅して紹介。おすすめのオンライン証券会社一覧も必見!』
<株式[マネー]All About>
構成は注目
1.株式投資の基礎を学ぼう
2.株式投資のはじめ方
3.株式銘柄の選び方
4.株式の売買テクニック!
5.株式チャートの見方・株価分析の仕方
6.株主優待と配当金について
7.証券会社の選び方
8.株式関連コラム
9.株式おすすめサイト
10.おすすめネット証券一覧
11.おすすめ株主優待一覧
12.株式投資用語集

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。