プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶対は“死”しかないから、原発保有するならばそのことも認める合意が必要でしょう
また、そのことを断念するのが、人間の叡智である。
よく言われる、「賢者は最悪を想定するもの」である
『空気・土壌・海水・河川(水)』から私達は生きている。
そのことを今、再認識することから“これからの時代”を築くことが重要と考えます。
決して、他国の言いなりではなく、
自立した“日本人”にするチャレンジをしようではありませんか

その日本を託すのは我々だと思います

『まだ、間に合います』

決して諦めずに生きようではありませんか
スポンサーサイト
枝野幸男官房長官は4日の記者会見で、汚染水の海への放出について「安全確保のためにやむを得ない」と述べた。「海水などのモニタリング結果を注意深く監視して環境への影響をしっかりと確認するよう指示した」という。原子力安全委の代谷誠治委員も、「低レベルの汚染水を出して高いものが放出されない枠組みができるのなら、致し方ない」と容認する考えを示した。

また、
東電は周辺の魚や海藻を毎日食べても、受ける放射線量は年間で約0.6ミリシーベルトと自然界から受ける量よりも少ないと説明している。ただ、既に高濃度の汚染水も大量に流出しており、低レベルでも量が増えれば漁業などへの影響を懸念する声も強まる可能性がある。

とんでもないことだ

福島原発事故は、“人災”=“国&企業である東京電力”の責任が問われる

決して報道に騙されることなく注視していきましょう




極めて有用なNHKスクープドキュメントのYOU TUBE映像を紹介くださった。正力松太郎が具体的にどのような行動をしたのか。米国がどのように日本の原子力政策をコントロールしてきたのかが、よく分かるプログラムである。福島原発事故に直面したいま、すべての日本国民がこのプログラムを視聴し、原子力政策を再検討しなければならない。

ぜひ、御覧頂き今後の日本再生に参考になればと考えます

「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その1)
 
「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その2)
 
「原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~」(その3)

※引用ブログ「ふじふじのフィルター」様

 関連ブログ「米の放射能人体実験 次々崩れた機密の壁」様




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。