プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~五穀豊穣、家内安全、子孫繁栄…。おせち料理に込められた日本人の心を、家族とともに今改めて学んでみたい~
【正月とは本来、家に“年神(としかみ)様を迎える行事”】
もちつき、大掃除、注連縄(しめなわ)、門松、鏡餅などの飾り付け…。
年の暮に、日本人はこれらの習わしとして行ってきた。
どれも新しい年を迎えるための“準備”である。
正月とは家に年神様を迎えて祝う行事で、人々は“豊作”を祈った
年末に欠かせない準備が“おせち料理”の用意。
年末に作られるのは「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」という考え方と、
正月“三が日”は女性を食事作りから解放しようという配慮から、保存食が作られたとも言われています。
【元日に朝廷で催された儀式が庶民に広まった】
おせち料理の起源は、紀元前2~3世紀に始まる。
収穫を喜び。節目の日に“神”に収穫物を供えた(節供=せちく)。
江戸時代後半から、節句料理が詰まって“おせち”と呼ばれるようになった。
【いにしえより伝わるおせち料理のいわれ
カズノコ』「二親(ニシン)」の字をあて、二親から多くの子どもが生まれる。という意味で“子宝”を願った。卵の粒の数が多いことから子孫繁栄の意をもち、タラコやイクラも同様に用いられる。
かまぼこ』赤は“めでたさと喜び”を表し(魔除けの説も)、白は“清浄、神聖”を意味している。もとは“神饌(しんせん)米”(神に捧げる米)の赤米、白米を模したものともいわれる。
昆布巻』昆布は古くから、広布(ひろめ)と呼ばれ“喜ぶ”“広める”に通じるため縁起物として用いられてきた。子孫繁栄の願いから“子生婦”の文字があてられることもある。
栗きんとん』“栗金団”と書き、“黄金色の小判”をイメージし、財産が増えるようにという思いからおせちに。栗を加えるのは“出陣や勝利の祝い”に使われた勝ち栗からきている。
タイ』もとは神饌(神)に捧げる供物で、“めでたい”の語呂合わせであるが、日本では古来、タイが“海の王者”とされ寿命も長いことから“長命”への願いが託されている。
煮しめ』ゴボウは地面に根を張るため、“土台を固めた堅実な暮らし”小芋が多くつく八つ頭は“子宝や子孫繁栄”を。大きな芽がでるクワイは“出世”、穴のあいたレンコンは“将来の見通しを祈願”。
田作り』五穀豊穣を願う田作りは、田畑の肥料としてカタクチイワシが使われていたことに由来する。当時豊富に獲れたイワシのように穀物の豊作を祈願。ごまめ(お達者)とも呼ばれる。
黒豆』真っ黒になって“まめ”(勤勉)に農作業ができ、1年まめ(健康)に暮らしたいという願いを込めて食べた。もともと黒いものには魔除けの力があると伝わる。
伊達巻』形が書物の巻き物に似ているため、“知識が増えること、文化の発展”を願う意味がある。反物になぞらえて着る物に困らないようにという願いを表したという説もある。
お多福豆』多くの福を招く豆として、おせち料理に加えられることも多い。そら豆を煮たもので、そのふくよかな形状が“おたふく”に似ていることからこの名前が付いた。
紅白なます』ニンジンと大根で紅白のめでたい色を表し、“平安、平和”への願いを込めた。細切りの形状は、お祝いの水引きをかたちどったものである。おせちの中では口直し的な役割。
エビ』ひげが長く腰が曲がっているエビの姿が老人を連想させることから、“長寿”を祈願して食する。縁起物なので、小さくても有頭のものを使うのが基本。

jumee☆signHPLh矢印・右正月正月 おせち料理のレシピ/ホームクッキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/112-92dab195


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。