プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『米国防総省は29日午後、米中間の懸案となっていた台湾への武器売却問題を巡り、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムを含む最新兵器を売却する方針を決定し、
同日付で米議会に通知したと発表した。
米国務省高官によると、米側は同日朝、議会への通知に先立ち、中国政府に方針を説明した。
国務省によると、売却規模は総額約64億ドル。
中国の反発は必至で、インターネット規制や通商問題と合わせ、米中間の摩擦拡大につながりそうだ。』
<NIKKEI NET>

<<今日の雑学>>
【ペンギンはなぜ北極にいないのか?】
『1957年1月29日、日本の南極観測隊がオングル島上陸に成功、昭和基地を設営した。さて、南極といえばペンギンだが、ペンギンが棲息しているのは南極だけではない。探検家のマゼラン一行はペンギンを食べながら進んだというが、ペンギンはオーストラリアやニュージーランドの近く、南アメリカのガパゴス諸島や南アフリカの南端にまで棲んでいる。ところが南極と同じように寒くても、北極にはペンギンがいない。これはもともと南極に棲んでいたペンギンが、フンボルト寒流によって他の地へ運ばれたためと考えられている。フンボルト寒流の範囲は南半球のみで、北極までは届かないのだ。そのかわり南極には白熊(ホッキョクグマ)はいない。ちなみにペンギンの翼が退化してしまっているのは、南極には敵が少ないので、空を飛ぶ必要がなくなったからだという説もある。』

<<ドクターモルツのサイコ・サイバネティクス ダイレクト出版 » Just ASKコンテスト>>

スポンサーサイト

コメント

■米国:台湾に武器売却決定 中国は「強烈な憤慨」表明、対抗措置検討-根本的に対立の構図は変わらないとすれば、日本はどうすれば良いのか?

こんにちは。米国の台湾への武器売却が、中国を怒らせているようです。しかし、これが真の姿です。最近は、アメリカが金融危機に陥っているため、アメリカ経済を立ち直らせるためには、中国の経済力も必要だということで、今まで控えてきたというのが実体です。中国側も、アメリカが最大の輸出先であり、アメリカに対してむげにもできないところがあり、一時的に両国が歩み寄っているように見えるだけで、根底での対立の構造は変わりません。では、こうした現状に日本は、どのような国家戦略をもつべきでしょうか?それには、日本は米国のコンセンサスを得た上で、インドとの提携を強める必要があります。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/559-76dba6c3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。