プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マレーシア中央銀行は4日の金融政策委員会で、翌日物政策金利を現行の2%から2.25%に引き上げた。
利上げは約4年ぶり。
景気回復が鮮明になり、金融緩和の見直しに動いた。金融危機後に利上げに踏み切るのは、東南アジアでは昨年12月のベトナムに次いで2カ国目となる。
中銀は声明で「内外需に支えられ、経済はさらに力強さを増すとみられる」と指摘
インフレの進行などを防ぐため「金利水準を正常に戻すことが必要だ」と説明した。
マレーシアでは金融危機の影響で景気が悪化し、2008年11月に利下げを実施。
09年1月と2月に追加利下げに動き、利下げ幅は合計1.5%に達した。
それ以降、約1年にわたり金利を据え置いていた。』
<NIKKEI NET>

<<今日の雑学>>
【前野良沢・杉田玄白らが腑分けを見学】
『1771年3月4日、江戸の千住小塚原の刑場で腑分け(解剖)が行われた。
蘭学医の前野良沢・杉田玄白・中川淳庵は17年前に山脇東洋が初めて刑死体を見て書いた『臓志』を見て、漢方医の五臓六腑説に疑問を抱き、自分たちも実際に人体の内部を知りたいと考えた。そこで腑分けの許可を願い出、斬首された京都生まれの青茶婆という老女を腑分けすることになったのだが、医師が直接に死体に触れることは許されなかったため、雑役が腑分けするのを見学。ドイツ人クルムスのオランダ語訳解剖書『ターヘルアナトミア』を片手に見入っていたところ、その解剖図と一致していることがわかり、日本語訳することにした。彼らは翌日からこの難事業にとりかかり、3年4カ月後に『解体新書』として刊行。この間の苦心談は杉田玄白の『蘭学事始』に記されている。』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/596-e973e667


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。