プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ドイツやフランスなど欧州連合(EU)の主要国は、財政危機のギリシャに対する金融支援策で、EUと国際通貨基金(IMF)が協調融資する方向で最終調整に入っていることが23日、分かった。
25日からブリュッセルで開かれるEU首脳会議で合意を目指す。
EU内では支援に前向きなフランスやスペインに対し、ドイツが強く反対してきたため、ファンロンパイEU大統領(首脳会議の常任議長)らが妥協策を模索していた。』
<日本経済新聞>

<<今日の雑学>>
【梶井基次郎の不遇な死】
『1932年3月24日、梶井基次郎は第三高等学校時代以来の持病だった肺結核のため、大阪府住吉区の自宅で母に看取られながら31歳の生涯を終えた。
1901年に大阪に生まれた梶井は、東大英文科在学中の25年に同人雑誌『青空』を創刊。
この年に『檸檬』など青春の虚無と退廃の詩情を繊細な文体で綴った秀作を続々と発表したが、文壇からは黙殺された。
結核のために大学も中退し、その後も不遇な時期が続いた。
大阪での療養生活を描いた『のんきな患者』でようやく文壇も認めるところとなったが、皮肉にもこれが絶筆となった。
彼の書き残した作品は、いずれも短編あるいは散文詩ふうのもので、量も多くはない。
しかし、鋭い感受性と的確で豊かな詩情の混じり合った美しい表現は、死後ますます高く評価されて、35年には『梶井基次郎全集』3巻が刊行されている。』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/620-4441ba2c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。