プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀井静香郵政・金融担当相は2日の閣議後の記者会見で、郵貯限度額引き上げに絡み取りざたされているペイオフ(預金などの払戻保証額を1000万円とその利息までとする措置)上限額引き上げについて「(金融機関が)自分たちから言ってくるのが当然だが、声がない。余力があるのであれば強制的にやるのはおかしい」と述べた。
ペイオフ上限額が引き上げられた場合に、金融機関の負担軽減を巡って焦点となる預金保険料の引き下げについては「2010年は現行水準を維持する予定だが、業界から声が出れば(引き下げは)やぶさかではない」と述べ、柔軟に対応する姿勢を示した。
郵政見直し案の決定までの過程で閣僚から異論が相次いだことに関しては「北朝鮮じゃないんだから、閣僚にはそれぞれ意見がある」と話した。』
<日本経済新聞>

<<今日の雑学>>
【今日は高村光太郎の蓮翹忌】
『詩人・彫刻家として知られる高村光太郎が、1956年の今日、他界した。高村光太郎記念会の主催によって、今日は光太郎を偲ぶ「蓮翹(れんぎょう)忌」が行われる。
光太郎は1883年3月13日、彫刻家・高村光雲の長男として東京に生まれ、東京美術学校(のちの芸大)彫塑科へ進学。
早くから短歌を『明星』『スバル』に発表し、次第に白樺派風の理想主義に傾倒していった。
1906~9年には欧米へ留学し、ロダンの影響を受けている。帰国後は窮乏生活を続けながら、彫刻、詩を発表するほか、翻訳・随筆などを通してロダンをはじめ欧米の芸術思潮の紹介・美術批評の活動を展開した。
芸術界に与えた影響も大きい。彼の代表作『智恵子抄』(41年刊)は、光太郎の精神的危機を救った智恵子との結婚生活、妻の狂気の時期、死後の追慕を詠った愛の詩集。』

<<4月2日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/629-290c549b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。