プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オバマ米大統領は5日、米国が核兵器の使用を大きく限定する意向であることを明らかにした。
攻撃を受けた場合も、相手が核拡散防止条約(NPT)を順守する非核保有国ならば核兵器を使用しないと表明、米国として初めて核兵器の使用対象に制限を設けた
「核兵器なき世界」の実現へ核拡散阻止を重視し、NPT体制をテコ入れする姿勢を打ち出したものだ。
米紙ニューヨーク・タイムズとのインタビューで語った。
6日に公表予定の「核体制の見直し」(NPR)で盛り込むとみられる。
歴代の米戦略からは歴史的な転換と位置付けられるが、国内保守層などからは安全保障と核抑止力の低下を懸念する声も出そうだ。
同紙電子版によると、大統領は核兵器の使用について、NPTを順守しない核開発国は「不使用」の対象外だと説明。
その例として北朝鮮とイランの国名を挙げ「彼らは孤立を深めていることを自覚すべきだ」と述べ、両国に核開発の断念を促した。
オバマ大統領の戦略に基づくと、核兵器を保有していない限り、生物兵器や化学兵器などの大量破壊兵器で米国を攻撃しても、米国から核兵器による反撃を受けることはなくなる。
国内にこれを不安視する声が出ることも念頭に、大統領は新戦略を実施した場合に「通常兵器による抑止力」を一層重視する姿勢を示した。
米国の現在の大きな脅威が「核テロ」であるとも定義し、テロやテロ支援国家には、通常兵器を含むあらゆる「段階的な選択肢」で抑止を図ると強調。
「米国民の安全を確保するため、必要なあらゆる手段を保持し続ける」とも主張した。
「核兵器なき世界」への取り組みに絡んでロシアとの関係にも言及。
「米国とロシアの関係は改善している」として、核軍縮交渉のさらなる進展に期待もにじませた。』
日本経済新聞

<<4月6日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/633-aec22e69


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。