プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『欧州連合(EU)のユーロ圏16カ国が11日、最大300億ユーロ規模(約3兆8000億円)のギリシャ向け資金繰り支援策の具体的内容で合意したのは、安全網(セーフティーネット)を明確にすることで、金融市場でくすぶるギリシャの信用不安を緩和する狙いがある。
ギリシャは13日に12億ユーロの短期国債の入札を控えている。入札額が公募額に届かない「札割れ」のリスクが強まる中、「最後の貸し手」としてのユーロ圏の決意を鮮明にすることで、ギリシャが国際金融市場から円滑に資金を調達しやすい環境づくりを図った。
ユーロ圏は3月下旬にギリシャ向け資金繰り支援策で合意したものの、(1)ユーロ導入各国の全会一致が必要(2)補助金とならない高い金利水準――などの厳しい条件をつけた。市場では「支援策の実効性に欠ける」との見方からギリシャ国債が売られ、格付け会社フィッチ・レーティングスは格下げしていた。
ギリシャは5月中に約100億ユーロの国債償還期限を迎える。今回、ギリシャ支援に厳しい姿勢を示してきたドイツも含めてユーロ導入各国が具体的な支援の枠組みを決めた。融資金利も年5%程度と最近の国債利回りよりは低い水準。ギリシャ国債の入札が不調に終わった場合、迅速に支援策を発動できる準備が一応整ったとはいえる。
ただ、仮にギリシャの資金繰り難が一時的に遠のいたとしても、中期的なギリシャの財政再建には不安が残る。来年以降もギリシャの財政再建計画は、財政赤字の国内総生産(GDP)に対する比率を2009年の12.7%から10年に8.7%、12年に3%以下に抑える内容だ。
来年以降もギリシャの国債償還は高水準で続き、国債利回りが高止まりしていれば借り換えのコストは膨らむ。歳出削減や増税でギリシャ経済のデフレ圧力が強まれば、景気下振れで税収が伸び悩む事態も想定される。ギリシャ政府は5月15日を期限に11年以降の財政再建計画をEUに提出しなければならない。計画が不十分と市場が判断すれば、再び信用不安が広がる可能性もある。ギリシャ・EUと市場の神経戦は当分続きそうだ。

ユーロ圏、信用不安緩和へ安全網:日本経済新聞

<<4月12日-Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/639-bf2f3c49


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。