プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『長妻昭厚生労働相は職業訓練に使い道を限ったバウチャー(利用券)制度の創設を検討する。
求職者が利用券を使って訓練施設を自由に選べる仕組み。
訓練施設間の競争を促すことで、訓練内容の充実や就職率の引き上げも狙う。雇用回復が鈍いなかで、雇用の安全網(セーフティーネット)を拡充させる。
厚労相は政府が6月にまとめる新成長戦略に盛り込む方針で、内閣府などと調整に入る。
現行の職業訓練制度には年30万人強が受けている国や都道府県の「公共職業訓練」や、無償で訓練を受けながら月10万~12万円の生活費をもらえる「緊急人材育成支援事業」がある。利用券制度を現行制度と置き換えるか、新たに加えるかは政府内で調整する。
検討中の利用券制度は求職者が利用券を使って訓練費用の支払いに充てる仕組みで、換金や他人への譲渡は認めない。訓練施設は利用券を国か地方自治体に提出し、利用額を受け取る。対象者や限度額などの詳細な設計は今後詰める。
現行制度は国指定の訓練施設に補助金を出すため、求職者はハローワークの職員らと相談して訓練先を決めるが、希望と合わない場合もある。厚労相は利用券にすれば、利用者獲得のために施設間の競争意識が強まり、就職率の底上げにつながるとみている。
ただ厚労省内には「今も本人の希望を尊重している」との意見もある。
緊急人材育成支援事業の予算は2009、10年度合計で約3500億円。雇用保険の対象者限定だが、利用者が訓練先を選べる制度として、英会話学校などの受講料の一部(上限10万円)を補助する「教育訓練給付」もある。財政が深刻な状況で新たなばらまき政策との批判が出る恐れもあり、政府・与党内で合意できるか不透明な面も多い。』
<職業訓練、バウチャーで支払い 厚労相が検討:日本経済新聞>

<<5月1日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/659-f9233de7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。