プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『海外ファンドなどの投機筋によるユーロ売りが目立ち、対ドルでのユーロの売越額は過去最高を記録している。
ギリシャの財政不安は他の南欧諸国に広がり、ユーロは前週末に対ドルで約1年半ぶりの安値を付けた。
背景には投機筋のユーロ売りがあり、今後も投機筋がユーロ安を主導するとの見方が出ている。
米商品先物取引委員会(CFTC)は、米シカゴ・マーカンタイル取引所の通貨先物取引で、投機筋の動向を示す「非商業部門取引」のデータ(火曜日時点)を毎週末に発表している。
前週末発表のデータによると、投機筋のドルに対するユーロ売越額は11日時点、約142億ユーロに拡大し、3週連続で過去最高を更新した。
ギリシャの財政不安が台頭した昨年12月に売り越しに転じて以降、売越額は増加傾向を続けている。
ユーロ相場は投機筋の売りに歩調を合わせて下落基調だ。
前週末には対ドルで2008年10月28日以来の安値である1ユーロ=1.23ドル台半ばを記録。
対円でも軟調で、前週末に1ユーロ=113円台半ばまで下げる場面があった。
欧州当局などがユーロ圏諸国向けの緊急融資制度の創設で合意するなど、10日までに南欧財不安への対策が相次いで打ち出され、ユーロは一時的に反発した。それでも投機筋のドルに対するユーロ売越額は11日時点で増加。
前週末にかけてのユーロ安も、投機筋のユーロ売りが主因との見方が広がっている。
日興コーディアル証券の松本圭史氏は「南欧諸国の財政懸念は拡大傾向で、投機筋のユーロ売越額が増加する余地はまだある。ユーロは対ドルで節目の1ユーロ=1.20ドルを下回る可能性もある」とみている。』
ユーロ安、投機筋が主導 対ドル売越額が過去最高:日本経済新聞

<<5月15日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/675-1c5c37df


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。