プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『世界の金融市場でヘッジファンド/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EAE4E2E1E2E3E4E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXが新興国通貨や国際商品などのリスク資産を圧縮する動きを強めている。欧州の財政問題に加え、世界経済の成長が鈍化しかねないとの懸念が出ていることが背景。世界的な株安にもつながっており、ヘッジファンドの動揺が金融市場の波乱要因となり始めた。
米ヘッジファンド大手フォートレス・インベストメント・グループ関係者は18日、「このままでは世界景気が鈍化しかねず、ここ数日はリスク投資を圧縮している」と明かした。米紙によると、ポールソン・アンド・カンパニーなどの大手ファンドも投資マネーの現金化を急いでいるもようだ。
こうしたヘッジファンドは、世界の株式や債券、為替に投資する「グローバルマクロ戦略」を得意としている。昨年からは世界経済の拡大を見込み、低金利の円やドルを借りて、高金利の新興国通貨や国際商品に振り向ける「キャリートレード」を活発にしてきた。
だが、ここにきて欧州の財政問題をきっかけに急速に市場の不透明感が強まった。中国など新興国の金融引き締めで、世界景気が鈍化しかねないとの懸念が浮上。「投資リスクを減らし、保守的な運用に回帰している」(ハイブリッジ・キャピタル)との声が多い。
この結果、新興国通貨がドルに対して下落。ブラジルレアルが今月だけで約7%下落し、オーストラリアドルも約10カ月ぶりの安値圏にある。インドルピーなどアジア通貨も下落が目立っている。
こうしたファンド勢の売り圧力は国際商品にも及んでいる。ニューヨーク原油先物(期近物)は21日に1バレル70.04ドルと今月に入って約19%下落した。騰勢を強めてきたニューヨークの金先物も21日まで4日続落した。「安全資産」とされてきた金までが売られているのは、「金投資に積極的だったヘッジファンドがポジションを解消しているため」(米系証券エコノミスト)との解説も聞かれる。
金融危機で打撃を受けたヘッジファンドは昨年後半の株価回復で持ち直し、今年3月時点の運用残高は約1兆6700億ドルに達している。だが、足元で急速に進むリスク回避は、「2008年の金融危機と状況が似ている」(米調査会社ヘッジファンド・リサーチ)との指摘も出ている。当面はファンド勢の動きが金融市場の不透明さを増す要因となる可能性が高い。』
ヘッジファンド、リスク資産圧縮 市場の波乱要因に:日本経済新聞

<<5月23日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/685-c6eca157


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。