プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『7~11日の週で、最も変動した通貨は何か。通貨の総合的な価値を示す実効為替相場「日経通貨インデックス」で主要12通貨の週間騰落率を比べると、最も上昇したのは日本円だった。
 ハンガリーやブルガリアといった東欧諸国の財政不安が浮上。欧州の金融システム不安が広がるとの見方から投資家のリスク回避志向が再燃し、市場でリスク回避通貨として認識されている円に買いが入った。菅直人新首相が財政再建を掲げたことも円買いを促した。
2番目に上昇したのはスイスフランだ。スイス国立銀行(中央銀行)が実施してきたスイスフラン売買いの市場介入が限界に近づいているとの観測から、先高観が強まった。財政不安を抱えたハンガリーではフラン建てで住宅ローンなどを組むことが多く、問題が拡大しないうちにフランを買い進めようとする動きも出た。
 一方、最も下落したのは韓国ウォン。リスク回避の一環で、リスクの高いアジア通貨の一部として売りが膨らんだ。北朝鮮との関係悪化が引き続き売り材料と認識されている面もある。
 14~18日の週はユーロの動きに注目が集まりそうだ。欧州中央銀行(ECB)が金利を据え置いたことや国債買い取りを継続する姿勢を示したことで、ユーロは一時的に買い戻されている。ただ欧州の財政不安は根が深い。今後は景気を悪化方向に引っ張る可能性もあり、ユーロへの売り圧力が再燃するとの見方が強まっている。』
リスク回避の買い、日本円に集中(世界通貨番付) :日本経済新聞

<<6月13日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/706-0502c2a5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。