FC2ブログ

プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『中国人民銀行(中央銀行)が19日、人民元相場の弾力性を高める方針を表明し、2年近くほとんど動かなかった元相場は週明けから上昇を再開する公算が大きい。しかし欧州危機を受けたユーロ安で、人民元の総合的な価値を示す実効為替はすでに大幅に上昇しており、対ドル相場の切り上げはゆっくりとしたペースにとどまるとの見方が多い。
人民銀の金融政策委員を務める李稲葵・清華大教授は19日、日本経済新聞記者の取材に対し「欧州危機で人民元の名目実効レートはこの1~2カ月で大幅に上がっており、元相場の上昇圧力は弱まっている」と語った。
人民元の対ユーロ相場は年初から約15%上昇。国際決済銀行(BIS)が算出する人民元の実質実効レートは5月まで3カ月連続で上昇した。李氏の発言はユーロ安が続くなか、元相場の上昇余地は限られているとの考えを示したものだ。市場では「年内の上昇幅は3%以内にとどまる」との見方が多い。
 不動産バブルやインフレの懸念がくすぶるなか、元相場の切り上げを早期に再開すべきだとの意見は中国政府内でも根強かった。最大の輸出先である欧州連合(EU)が信用危機に見舞われるなか、政府内では元切り上げ再開の慎重論も勢いづいていたが、人民銀など積極派は押し切ったとみられる。
 しかし、2005年の制度改革が元相場を一度に約2%切り上げる内容を盛り込んでいたのに比べ、今回の声明に新たな中身は何もない。政府内で検討していた1日0.5%に限っている変動幅を拡大する案の実施も結局、見送られた。中国外務省が主要国の大使を呼んで事前に説明したことからも、今回の声明が国際社会へのアピールという面が大きいのは明らかだ。
 米国内には「人民元は対ドルで約40%も過小評価されている」との指摘もある。元相場の切り上げ再開は金融危機対応の政策を平時の状態に戻す一歩だが、中国に圧力を強める米議会が納得するかは微妙だ。』
<人民元の上昇容認 対ドル、年内3%以内との見方 :日本経済新聞>

<<6月19日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/712-19feef12


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。