プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『国際決済銀行(BIS)は28日に公表した年次報告書で、主要国の公債残高が2011年末に国内総生産(GDP)比で100%を超えるとの見通しを明らかにした。
07年は76%だったが、それよりも約30ポイント上昇する。高水準の公的債務残高は「世界経済にとって大きなリスク」と指摘し、各国の財政悪化に警鐘を鳴らした。
 BISは南欧諸国の財政悪化が信用不安を招き、「景気回復を危険にさらした」と批判した。そのうえで米英やアイルランド、スペインを「金融危機の影響を特に受けた国」と名指しし、債務残高が急速に膨らんだことに懸念を表明した。
 各国が財政再建に取り組まなかった場合は、公債残高が右肩上がりに増えるというシナリオも提示。日本は20年にGDP比で300%前後に達する可能性があるという。主要国が高水準の債務を放置すれば、景気後退局面で財政出動する余力が低下し「成長力を弱め、通貨の安定を損ねる」とも明記した。
 BISの年次報告書は、過去1年間の世界経済の総括が狙いで、各国の中銀関係者の主張を代弁しているとされる。それだけに国債への信認が低下すれば「政府の財政破綻を避けるために各国の中銀が国債購入を迫られる」との見方も盛り込んだ。』
<主要国の公債残高GDP比100%超 11年末、BIS予測 :日本経済新聞>

<<6月28日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/724-6dd40561


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。