プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『今週(26~30日)の株式相場は上値が重く、日経平均株価は9500円前後での値動きとなりそうだ。
米景気の減速懸念が根強いうえ、欧州銀行の資産査定(ストレステスト)の結果について基準の甘さを指摘する声もある。
国内では2010年4~6月期決算の発表がヤマ場。好業績の銘柄には見直し買いが入りそうだが、全体を押し上げる力は限られる。
先週の日経平均は22日まで連続して下落。23日に6日ぶりに反発して週間では22円60銭(0.24%)上げたが、上昇率は世界の主要市場で最小だった。
 注目されていた23日のストレステストの結果公表は、ほぼ市場が想定していた内容。不透明要因が減り、投資家心理の改善を期待する声がある。ただ査定に際し、国債の債務不履行リスクを除外した点が疑問視されている。金融システム不安が解消に向かうかどうかを見るために「週明けの欧州市場での銀行間取引金利を注視したい」(大和総研の野間口毅株式ストラテジスト)との指摘がある。
 4~6月期の決算発表が週明けに本格化する。29日にパナソニックやソニーなど電機大手が集中し、30日がピークになる。前年同期に比べ総じて好業績が予想されるが、ドルやユーロに対する円相場は多くの企業が想定していた水準より円高で、11年3月期業績への不安もある。
 米国の景気動向も引き続き懸念材料としてのしかかる。特に個人消費の先行きをみるうえで、26日発表の6月の新築住宅販売件数が注目されている。5月の住宅販売は、減税打ち切りの影響で大幅に落ち込んでいた。27日には消費者信頼感指数、30日は4~6月国内総生産(GDP)速報値も発表される。景気回復の鈍化がはっきりして米金利が下がり、それに伴って円高・ドル安が進むようだと、株価は下値を切り下げる可能性がある。』
欧州不安・米景気、今週の株価は上値重く :日本経済新聞

<<7月25日 - Wikipedia>>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/757-36e74f3d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。