プロフィール

pro1998

Author:pro1998
☆「ツイテル」へようこそ!
☆気分がいいとき“ツイテル”
☆気分が良くない時も“ツイテル”
☆人生を楽しみましょう♪

参感日「ツイテル」
有名人誕生日検索&今日は何の日
GreenWinNetwork・・・ 携帯電話& アフィリエイトは、グローバル化 新時代へ ・・・


カテゴリー


FXマーケット情報

パーツ提供:ALL外為比較

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


広告


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴された小沢一郎・民主党元代表(69)は東京地裁で6日開かれた初公判で、「罪に問われるいわれはなく、虚偽記入の事実はなく、(元秘書との)共謀の事実も断じてない」と述べ、全面的に無罪を主張した。検察官の違法な捜査で得られた供述調書に基づく起訴だとして「直ちに裁判を打ち切るべきだ」とも主張した。
小沢元代表は約10分間にわたり、用意した書面を読み上げて意見を陳述。検察の捜査について「明らかな国家権力の乱用で、法治国家では許されない暴力。政治家小沢一郎個人を標的に行われたと推認できる。議会制民主主義を破壊し、主権を冒涜(ぼうとく)するもので許されない」と強く批判した。』

小沢一郎氏ネット配信動画の裁判所糾弾が正論だ 植草一秀の『知られざる真実』ブログより引用
10月2日午後4時15分から、「ネットメデイアと主権在民を考える会」が主催する「小沢一郎VSフツ―の市民・第二回座談会」が実施され、小沢一郎氏が今回の不正判決について見解を示した。
 座談会の模様はAPF通信社によるUSTREAM動画配信などの形で公開中継され、保存動画を再生閲覧できる環境も提供されている。
 このなかで、小沢一郎氏は元秘書3人に対する有罪判決について、
「民主国家では考えられぬ」
と指摘し、東京地裁判決を厳しく批判した。小沢元代表の批判はまさに正鵠を射ている。日本の法曹が日本の民主主義を守る気概と意思を持つなら、一斉に東京地裁不当判決糾弾の狼煙をあげるべき局面であると思われるが、これまでのところ、目立った動きは観察されていない。
 小沢一郎氏は、秘書3人が裏金を受け取り、そのことを隠蔽するために収支報告書に虚偽の記載をしたと認定した東京地裁判決について、
「証拠もないのに裁判官が独断で推測に基づいて有罪を決めた。民主主義国家では考えられない」
と批判した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pro1998.blog110.fc2.com/tb.php/785-c0aec7ba


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。